【Google広告】部分一致のシグナルは配信成果に影響を及ぼすのか?

【Google広告】部分一致のシグナルは配信成果に影響を及ぼすのか?

検索広告を配信する際に、キーワードのマッチタイプ設定について悩んだ経験はないでしょうか?
今回はマッチタイプの種類と、推奨設定、および推奨設定に変更したことによる成果向上事例を紹介します。マッチタイプの設定に悩んだ際には、是非参考にしてみてください。
※今回の事例ではGoogle広告の場合を対象としています

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

キーワードのマッチタイプとは

キーワードとは、リスティング広告でユーザーが検索している語句と広告を一致させるために使用される単語やフレーズのことを指します。
キーワードがユーザーの検索語句と一致すれば広告がオークションの候補に入りますが、その際にどの程度厳密な一致を求めるか指定するのが、キーワードのマッチタイプです。
マッチタイプを効果的に使い分けると、広告のリーチと精度が最適化されるため、広告予算の有効利用ができます。マッチタイプは、キャンペーンの目的や戦略に応じて、組み合わせて使用することが一般的です。

マッチタイプの種類

キーワードには3種類のマッチタイプが存在します。おおまかにわかるよう図式化すると以下のイメージ図のようになります。

完全一致

キーワードとまったく同じ意味または意図の検索が広告の表示対象となります。
3 つのキーワード マッチタイプの中で、完全一致は広告の表示対象を最も絞り込むことができるものですが、広告表示対象となる検索の数はフレーズ一致と部分一致よりも少なくなります。

フレーズ一致

キーワードと同じ意味の内容を含む検索が広告の表示対象になります。文言に差があっても、同じ意味に解釈できる場合は一致と見なされます。また、キーワードよりも具体的な情報を追加した検索も一致します。

部分一致

キーワードに関連する内容の検索が広告の表示対象となります。これには、キーワードの語句そのものは入っていない検索も含まれます。

例えば「パーソナル トレーニング ジム」というキーワードを設定した場合、マッチタイプによって表示される検索語句は以下のように変わります。

参考:キーワードのマッチタイプについて(公式ヘルプページ)

部分一致の特徴と、部分一致を推奨する理由

基本的なマッチタイプの違いは前述したとおりですが、部分一致では、フレーズ一致・完全一致と違い、「シグナル」といういわゆる「Googleが保有しているデータ」も使用した広告配信が可能です。
具体的には、以下のように使用できる”シグナル”の違いがあります。(以下のシグナルはGoogle広告の場合)

例えば部分一致では、「ランディングページの内容」も考慮されるため、キーワードに含まれていないフレーズでも、ランディングページに含まれている要素とマッチすると判断された検索語句には広告が表示されます。
またユーザーの過去の検索行動も考慮することで、自社サービスにマッチしたユーザーであるかの判断もできます。
参考:コンテキストに基づくさまざまなシグナル(公式ヘルプページ)

部分一致を使用するメリット

シグナルにより、検索に使用された語句だけではなく他要素も広告表示の判断要素となるため、より精度が高い広告配信が可能です。このことから部分一致を使用することで、3つのメリットが生じます。

費用対効果の向上

決まった予算の中でより費用対効果が高いキーワードに予算を配分し、そうでないキーワードに無駄な費用をかけない広告運用ができる

リーチの拡大

設定しているキーワード以外にも、自社商品の購入数増加につながる新たな検索語句へのリーチが可能

時間の節約

膨大なキーワード リストを手動で作成したり管理したりする時間を節約し、マーケティング戦略の立案など、広告運用以外の業務により多くの時間を割くことができる。
参考:部分一致とスマート自動入札でビジネスの成長を促進(公式ヘルプページ)

部分一致の導入事例

ただし、部分一致は、意図しない検索語句へ配信が拡張されてしまうことによる費用対効果の悪化が懸念されるかもしれません。そこで今回は実際にアカウント内に占める部分一致キーワードの割合を増やした際の実績を紹介します。

行った施策

繁忙期を避けた3ヶ月間において、部分一致キーワードが占める割合を段階的に以下の通り増やしました。

5月:32%
6月:32%~55%
7月:55%~72%

結果

まず全てのキャンペーンにおいてCTR(クリック率)が上昇、CPC(クリック単価)は低下しました。部分一致を増やしたことによりCVR(コンバージョンレート)は低下していますが、それ以上にCPC低下の効果が大きく、CPA(獲得単価)も低下しました。
※同時期に広告文の変更も行ったため、CTR上昇はその影響も含まれてます

マッチタイプ別で比較すると…

部分一致の占める割合を増やした後のとある30日間において、キーワードマッチタイプ別の各指標の結果は以下のとおりです。
右の2列は部分一致キーワードが、完全一致、フレーズ一致それぞれに対して良い実績だったか否かを示しています。

【一般キャンペーン】

CPCは特に完全一致と比較して低い実績となっています。
CVRも完全一致とほぼ同水準を維持できており、CPCも大幅に低下した為、最終的なCPAは部分一致が最も低くなりました。

【指名キャンペーン】

CPAは完全一致が最も低いですが、意外にもCVRは部分一致が最も高いという結果になりました。

そこでCVR実績について、キーワードのマッチタイプと、各キーワードが実際に配信をおこなった検索語句のマッチタイプ別にも分析を行いました。
※例えばキーワードのマッチタイプ=部分一致かつ検索語句のマッチタイプ=完全一致の場合は、部分一致で入稿しているが実際に配信検索語句が、そのキーワードと完全一致だった場合

すると部分一致キーワードの中でもマッチタイプ別にCVRに差があり、検索語句のマッチタイプが完全一致の場合が特にCVRが高いという結果になりました。
この事実から読み取るに、部分一致キーワードの”シグナル”が作用したと考えています。
完全一致で設定した場合と違い検索者の過去検索行動なども広告配信の判断要素となることで、費用対効果が高いと判断された検索者に絞って広告配信が行われていると考えられます。

まとめ

部分一致はGoogleの推奨設定であり、上記事例以外にも成果改善に繋がった事例は多数あります。
ブランド指名ワードだけに完全一致のみで配信したいという場合を除いては、部分一致キーワードの導入により費用対効果の向上が期待できます。ぜひ設定を検討してみてください。

その他こちらの記事でも部分一致導入の検証結果を記載していますのであわせてご覧ください。

運用型広告の戦略策定・成果改善でお悩みの場合は、オーリーズにご相談ください。

オーリーズは、「代理店はマーケティング戦略の立案から実行までを一貫して担うことで、はじめて価値を発揮できる」と考えています。

そのため、オーリーズでは非分業の支援体制をとっており、運用者1人あたりの担当社数を4社までに制限することで、 運用者が作業のみに追われるのではなく、よりマーケティング戦略の立案を行える仕組みを取っています。

また、広告運用という手段に縛られずにクライアントの目的を実現するため、クリエイティブ制作ブティックのQueticやインハウス支援に強いアタラ、 BtoB向けインサイドセールスの支援を得意とするセールスリクエストなど、豊富なグループアセットも抱えています。

広告運用の代行やインハウス体制の整備、自社サイトやLPの制作・運用などの課題感は、お気軽にオーリーズにご相談ください。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

アドオペレーションズ・ストラテジスト

深堀 智広

新卒で株式会社ジェーシービーに入社し、海外旅行者のJCBカード利用促進に寄与する施策の立案、およびそのWEBマーケティング業務に従事。 WEBマーケティングに関する専門性の高いスキルを身に着け、顧客の課題解決ができる人材へ成長したいという想いから転職を決意。 数ある広告代理店の中でも「マーケティング戦略の立案から実行までを一貫して担うことで、はじめて価値を発揮できる」という考えに共感し、オーリーズへ入社。

最近書いた記事