SERVICE

課題の本質と向き合って、
最適な運用方法の策定・実行を。

オーリーズでは、「広告運用支援」と「インハウス支援」の2つのサービスをご用意。クライアントとひとつのチームとなり、
その課題の深くまで見つめて、最適なソリューションをお届けします。

広告運用支援

運用代行にとどまらず、KPI設計からマーケティングプラットフォームの導入/運用支援まで。

Google AdsやFacebook広告などの運用型広告において、 KPI設計から、マーケティングプラットフォームの導入/運用支援まで一貫して行います。
「目標管理・効果計測」「部分最適」「全体最適」の視点で、達成すべきマーケティングゴールの設定から、個々の広告チャネルパフォーマンスの最適化、クリエイティブ改善、アクセス解析や広告効果計測から予算再配分までを含んだ、ROI向上を目的とした本質的な運用支援を行います。

こんな課題感を持たれている方に

  • 運用型広告の設計、運用、改善まで一連の業務を委託したい。
  • 検索連動型広告やディスプレイ広告など、チャネルプランニングを依頼したい。
  • 目標設定・予算策定の検討フェーズから関わってくれる代理店を探している。
  • クリエイティブ改善や広告効果計測ツールの導入も含んだ広告運用を委託したい。

支援手数料

100万円〜/月

※契約期間は6ヵ月~となります。
※広告費用・ツール費用は別途ご負担いただきます。

CASE STUDY

Case01 ROAS約2.3倍。売上拡大までサポート。

インハウス支援

クライアントが自社内で確実に運用できるような、ノウハウ提供と体制構築のサポートを行います。

運用型広告の戦略に深く関わり、クライアントが自社内で運用に関する方針決定や施策展開ができる体制を構築するサービスです。
効果的かつ効率的なインハウス化を実現するために、オーリーズでは「実践主導」のインハウス支援を提供しています。

「実践主導」のインハウス支援とは?

座学やドキュメントを中心としたインハウス支援では、どうしても汎用的で抽象的な知識を得るだけにとどまり、自社の課題に即した最適化が難しいのが現実で、抜け漏れ・過不足が発生する可能性もあります。かといって、「運用の中で出てきた疑問に対する質疑応答形式(≒OJT)」にしてしまうと、質問者からの質問の精度に依存されてしまうため、ここでもまた抜け漏れ・過不足が発生する可能性が残ります。


オーリーズではこの問題を解決するために、基礎学習とケースを用いた体系的な学習機会の場を設けながらも、クライアント固有の運用方法論を構築。その後は実践を積み重ね、定期的な質疑応答の機会を設けたり、ドキュメント化によるナレッジの蓄積を行っていくことにより、独自性と保守性(維持・継続、更新)の高い、“機能する”インハウス体制を目指します。

支援手数料

100万円〜/月

※月額の広告費用が1,000万円以上の企業様に推奨いたします。
※契約期間は6ヵ月~となります。
※広告費用・ツール費用は別途ご負担いただきます。