Microsoft広告のイベントタグによるCV計測方法

Microsoft広告のイベントタグによるCV計測方法

Microsoft広告とは?

2022年5月から日本でMicrosoft広告がローンチされました。

Microsoftの検索エンジンである「Bing」のシェアは拡大傾向にあり、オーリーズでもMicrosoft広告のアカウント数が増えております。

前回私が執筆した記事「Microsoft広告でタグを設置する方法」では、「URL指定」によりコンバージョンを計測する方法ご紹介いたしました。

ただ上記の「URL指定」での計測では、

  • SPA (Single Page Application) ※Webページを遷移せずにコンテンツが切り替わる技法のこと
  • ボタンをクリックした数

これらのコンバージョンの計測ができません。

今回はこのようなケースでのコンバージョン計測方法をご紹介いたします。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

Microsoft広告のタグの種類と設定方法

Microsoft広告には、①ユニバーサルイベントトラッキングタグ(UETタグ)②イベントタグの2種類があります。

①ユニバーサルイベントトラッキングタグ(UETタグ)

Web サイト上でのユーザーの行動を記録するタグです。コンバージョン トラッキング、オーディエンス ターゲティングの活用に必須となります。取得した情報をMicrosoft Advertisingに送信しています。

②イベントタグ

ニュース レターの購読やホワイトペーパーのダウンロードなど、特定のアクションをコンバージョンとしてトラッキングしたい時に必要なタグです。

ここでは例として、オーリーズのサイトでMicrosoftタグを設定してみます。 コンバージョンポイントは、下記お問い合わせのページのボタン「この内容で送信する」をクリックとします。

お問い合わせページのURL:https://allis-co.com/contact

コンバージョンポイントは、問い合わせページ内のボタン「この内容で送信する」のクリックです。特定のアクションをトラッキングしたいため、今回は、①UETタグ②イベントタグの両方の発行・設置を進めます。

UETタグの発行~埋め込みの方法は、下記記事の「タグの発行方法」「タグ埋め込みの手順」に記載していますので、そちらを参照ください。

UETタグを発行し、それをすべてのページに埋めれば設定OKです。

https://learning.allis-co.com/34e6ef5010f2442a96979bf92b4b52bd

この記事では②イベントタグの発行・設置から紹介します。

イベントタグを発行する

上記手順をもとにUETタグの発行・設置が完了したら、イベントタグの発行を行います。

 1.管理画面のTOPから、画面右上の「ツール」を選択し、「コンバージョン目標」をクリック。

 2.画面の左側にある「+作成」を選択。

 3.「Webサイト」を選択し、「次へ」をクリック。

 4.目標カテゴリを選択。今回は「リードフォームの送信」を選択。

 5.「イベント」を選択し、「次へ」をクリック。

 6.「目標設定の名前」、「収益」を入力。カウントで「一意」を選択し、「次へ」をクリック。
  今回は、下記にて設定。

  • 目標設定の名前:フォームCTAクリック
  • 収益:値を割り当てない

 7.(UETタグを複数発行している時は)UETタグを選択。
  「UETタグ」は既にGTMで埋めているので、質問「この UET タグは Web サイトにインストールされていますか?」の部分では、「はい」を選択し、「保存して次へ」をクリック。

 8.「手動インストール」を選択し、「次へ」をクリック。

 9.イベントの「アクション」を記載し、イベントの追跡のタイミングを選択。今回はイベントアクション名を「submit_lead_form」とします。
 「このイベントをいつ追跡しますか?」という項目について、

  • インラインアクションでイベントをトラッキング
  • ページ読み込み時にイベントをトラッキング

の2つがありますが、今回はボタンクリックのタイミングなので、「インラインアクションでイベントをトラッキング」を選択し、「保存して次へ」をクリック。

 10.「完了」を選択。これにて「イベントタグ」の発行は完了です。

コンバージョントラッキング(イベントタグ)を設定する

次に、「Google タグ マネージャー」でイベントタグの設定を行います。

 1.「Google タグ マネージャー」のコンテナTOPページ(タグ一覧が見れるページ)に遷移し、「新規」をクリック。

 2.タグ名を指定し、「タグの設定」をクリック。

 3.画面右上の検索画面で「Microsoft」と検索し、「Microsoft Advertising ユニバーサル イベント トラッキング」を選択。

 4.Track Typeで「Custom conversion」を選択。Define your own event actionでは、「イベントタグの発行方法」の手順9で記載したイベントアクション名「submit_lead_form」を記載。

 5.画面の下に遷移し、「詳細設定」をクリック。「問い合わせボタンのクリック」は1ページで1度発火すればOKなので、タグ呼び出しオプションにて「1ページにつき1度」を選択。

 6.次にトリガーを選択。

 7.該当のトリガーを選択。

今回は下記条件にて、トリガーを作成。

 8.右上の「保存」をクリック。これでタグ設置は完了です!

タグ発火確認方法(Google タグ マネージャー公開前)

最後に「タグが発火しているか」を確認しましょう。

前回の記事では「UET Tag Helper」によるタグ発火確認方法を紹介したので、今回は「Google タグ マネージャー」のプレビューモードでの確認方法を紹介いたします。

 1.「Google タグ マネージャー」の右上の「プレビュー」をクリック。

 2.ウェブサイトのURLを入力し、「Connect」を選択。

 3.お問い合わせページに移動し、必要事項を入力後に、「この内容で送信する」をクリック。

 4.「Google タグ マネージャー」のタグ発火画面一覧の中から、ボタン「この内容で送信する」をクリックした時の「Click」イベントを選択。Tags Firedに先程設定した「Microsoft_問い合わせボタンクリック」が出ているので、タグ発火が確認できました。

まとめ

Microsoft広告のイベントタグ設定方法について解説しました。

検索エンジン「Bing」のシェア拡大に伴い、Microsoft広告を利用するシーンも増えてくることが予想されます。

タグ設定を行う際に本記事が参考になれば幸いです。

オーリーズは、クライアントの「ビジネス目標達成」に伴走するマーケティングエージェンシーです。

「代理店の担当者が自社の業界・戦略に対する理解が不足しており、芯を食った提案が出てこない」
「新規の広告出稿に関する提案が中心で、最終的なビジネスゴールに紐づく本質的な提案がもらえない」
「広告アカウントが開示されないため、情報が不透明で自社にノウハウやナレッジが蓄積しない」

既存の広告代理店に対してこのようなお悩みをお持ちの場合は、一度オーリーズにお問い合わせください。

オーリーズの広告運用支援では、①運用者の担当社数の上限を4社までに制限②担当者のKPIは出稿金額ではなくNPS(顧客満足度)③アカウントは広告主が保有することを推奨 しており、目先のコンバージョン増加にとどまらず、深い事業理解を基にしたマーケティング戦略の立案や実行支援が可能です。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

アドオペレーションズ・ストラテジスト

久保 芳樹

新卒で株式会社プリンシプルに入社し、広告運用、GAやTableauを用いたWeb解析業務に従事。 その後、事業会社でのWebマーケティングを経験した後に、楽天株式会社へ転職し、データを活用した広告運用業務に携わる。 マーケティングテクノロジー領域の知見をより深めたいという想いから、オーリーズ入社を決意。 今は得意のデータ活用のスキルを活かしてクライアントのビジネス成長に貢献すべく日々邁進中。

最近書いた記事