Microsoft広告でタグを設置する方法

Microsoft広告でタグを設置する方法

2022年5月から日本でMicrosoft広告がローンチされました。

Microsoftの検索エンジンであるbingのシェアは拡大傾向にあり、これから新規開始する方も増えてくるかと思いますので、この記事では「Microsoft広告のタグ埋め込み方法」をご紹介いたします。

今回は例として、オーリーズのサイトでMicrosoftタグを設定してみます。

CVポイントは、下記お問い合わせのページのボタン「この内容で送信する」をクリックした後に出てくる「お問い合わせ完了ページ」とします。

📖 お問い合わせページのURL:https://allis-co.com/contact
お問い合わせ完了ページのURL:https://allis-co.com/contact/thanks

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

Microsoft広告のタグの種類

Microsoft広告には、①ユニバーサルイベントトラッキングタグ(UETタグ)②イベントタグの2種類がございます。

  • ①ユニバーサルイベントトラッキングタグ(UETタグ)

Web サイト上でのユーザーの行動を記録するタグで、取得した情報を Microsoft Advertisingに送信します。コンバージョン トラッキング、オーディエンス ターゲティングの活用に必須となります。

  • ②イベントタグ

ニュース レターの購読やホワイトペーパーのダウンロードなど、特定のアクションをコンバージョンとしてトラッキングしたい時に必要なタグです。

URL条件の指定のみで、コンバージョントラッキングができる場合は、イベントタグは発行不要です。

今回のCVポイントは「お問い合わせ完了ページ」で、

  • 「お問い合わせ完了ページ」はユニークなURLである(他ページのURLと重複しない)
  • 「お問い合わせ」からの「お問い合わせ完了ページ」でURLが変わる

以上のような条件なので、今回は①のUETタグのみ発行・設置を進めます。

📖 お問い合わせページのURL:https://allis-co.com/contact
お問い合わせ完了ページのURL:https://allis-co.com/contact/thanks

タグの発行方法

それでは、タグ発行方法をご紹介いたします。

1. 管理画面のTOPから、画面右上の「ツール」を選択し、「UET タグ」をクリック。

2. 画面の左側にある「+作成」を選択

3. 「UET タグ名」を入力し、「保存して次へ」をクリック。

4. 「自分でタグをインストールします」を選択し、「次へ」をクリック。

5. 「タグのコピー」をクリックし、メモ帳などのテキストファイルに保存してください。保存後に、「次へ」をクリック。

6. 「完了」をクリックしてください。これで、タグ発行は完了です。

タグ埋め込みの手順

次に発行したタグをGTM経由で埋める方法をご紹介します。

Microsoft広告の場合、GTMでは下記2つの方法でタグを埋めることができます。

①カスタムHTML

②タグテンプレート

GTMを使ったUETタグの設置

カスタムHTMLでの設定方法

この記事では、①カスタムHTMLでの設定方法をご紹介いたします。

GTMでコンバージョンに関するタグを設定する必要がないため、今回、GTMではUETタグのみを設置いたします。

UETタグは、Web サイト上でのユーザーの行動を記録する役割があるので、全てのページで発火するように設定してください。

💡 【コンバージョン計測について】
今回のコンバージョンポイント(オーリーズサイトの問い合わせ完了ページ)の場合は、URL(URLにcontact/thanksを含む)の指定のみでコンバージョン計測が可能です。
URLの指定のみでコンバージョン計測できる場合は、GTM上でコンバージョンに関するタグ設定をする必要はなく、Microsoft広告の管理画面からコンバージョントラッキングの設定ができます。
管理画面でのコンバージョントラッキングの設定方法は次章に記載します。

以下、UETタグをGTMで設定する方法です。

1. GTMのコンテナTOPページ(タグ一覧が見れるページ)に遷移し、「新規」をクリック。

2. タグ名を指定し、「タグの設定」をクリック。

3. 画面右側の「カスタムHTML」をクリック。

4. 前章で発行したタグを、HTML内に貼り付け。次に「詳細設定」を選択。

5. タグ呼び出しオプションで「1ページにつき1度」を選択。

6. 次にトリガーを選択。

7. トリガーで「All Pages」を選択。

8. 右上の「保存」をクリック。これでタグ設置は完了です!

コンバージョントラッキングの設定

次にコンバージョンの設定を行います。

先程記載した通り、「URLの指定のみ」でコンバージョントラッキングを行う場合は、Microsoft広告の管理画面で設定できます。

以下、コンバージョントラッキングの設定方法です。

1. 管理画面の「ツール」から「コンバージョン目標」を選択。

2. 画面左の「+作成」をクリック

3. 「Webサイト」を選択し、「次へ」をクリック。

4. 目標カテゴリを選択。今回は「リードフォームの送信」を選択。

5. 「リンク先 URL」を選択し、「次へ」をクリック。

6. 「目標設定の名前」、「リンク先URLの条件」、「収益」を入力。カウントで「一意」を選択し、「次へ」をクリック。
今回のCVポイントであるお問い合わせ完了ページのURLは「https://allis-co.com/contact/thanks」なので、下記条件で目標を作成。

  • 目標設定の名前:問い合わせ完了_test
  • リンク先URLの条件:URLに「contact/thanks」を含む
  • 収益:値を割り当てない

7. (UETタグを複数発行している時は)UETタグを選択。
「UETタグ」は既にGTMで埋めているので、質問「この UET タグは Web サイトにインストールされていますか?」の部分では、「はい」を選択し、「保存して次へ」をクリック

8. 「完了」を選択。これにてコンバージョントラッキングの設定は完了です。

タグ発火確認方法(GTM公開後)

最後に「タグ発火の確認方法」を紹介いたします。

Microsoft広告では、「UET Tag Helper」というブラウザの拡張機能を使って、UETタグの発火を確認することができます。

UET Tag Helperは、Microsoft広告管理画面の「コンバージョン目標」のページにある「UET タグ有効性確認」という項目内の「Microsoft Edge」または「Google Chrome」のリンクをクリックをすれば、追加することができます。

Chromeの場合、リンクをクリックして「Chromeに追加」をクリックしてください。

拡張機能一覧で下記赤枠のマークが出てきていれば、拡張機能の追加ができております。

次に、Microsoft広告管理画面の「コンバージョン目標」のページに遷移します。この時にタグIDを手元にメモをしておいてください

そして「トラッキング ステータス」にある「最近のコンバージョンはありません」または「未確認」の部分にカーソルを合わせます。

すると「この目標をテストする」という項目が出てくるので、こちらをクリック。

「この目標をテスト」というボタンをクリックすると、下記画面が出ます。

ブラウザ右上にある「UET Tag Helper」のアイコンをクリックすると、「Landing Page URL」を入れる欄があるので、そこにテスト対象サイトのURLを入力。

今回は、オーリーズサイトでテストをしたいので、「https://allis-co.com/」と入力。

またこの時に、Conversion goal IDもメモとして控えておいてください

その後、「Start test」というボタンをクリック。

画面右下に赤枠のような表示がされていれば、テストが開始できています。

お問い合わせページに移動し、「この内容で送信する」をクリック。

問い合わせ完了ページに到達したので、画面右下の「View Report」をクリックします。

この「View report」を見ることで、コンバージョントラッキングがされているかを確認することができます。

レポートを見ると、下記画面が表示されます。

レポートを見た時に、以下の条件が揃っていればコンバージョンが計測されております。

  • ① 「Conversion found」と表示される
  • ② Conversion ID、UET tagIDが先程メモしたものと一致

おわりに

以上、Microsoft広告のタグ設定方法の解説でした。

タグ設定を行う際に本記事が参考になれば幸いです。

(その他媒体のタグ設置の方法は下記をご参照ください)

オーリーズは、クライアントの「ビジネス目標達成」に伴走するマーケティングエージェンシーです。

「代理店の担当者が自社の業界・戦略に対する理解が不足しており、芯を食った提案が出てこない」
「新規の広告出稿に関する提案が中心で、最終的なビジネスゴールに紐づく本質的な提案がもらえない」
「広告アカウントが開示されないため、情報が不透明で自社にノウハウやナレッジが蓄積しない」

既存の広告代理店に対してこのようなお悩みをお持ちの場合は、一度オーリーズにお問い合わせください。

オーリーズの広告運用支援では、①運用者の担当社数の上限を4社までに制限②担当者のKPIは出稿金額ではなくNPS(顧客満足度)③アカウントは広告主が保有することを推奨 しており、目先のコンバージョン増加にとどまらず、深い事業理解を基にしたマーケティング戦略の立案や実行支援が可能です。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

アドオペレーションズ・ストラテジスト

久保 芳樹

新卒で株式会社プリンシプルに入社し、広告運用、GAやTableauを用いたWeb解析業務に従事。 その後、事業会社でのWebマーケティングを経験した後に、楽天株式会社へ転職し、データを活用した広告運用業務に携わる。 マーケティングテクノロジー領域の知見をより深めたいという想いから、オーリーズ入社を決意。 今は得意のデータ活用のスキルを活かしてクライアントのビジネス成長に貢献すべく日々邁進中。

最近書いた記事