【Google広告】コンバージョンアクションの再設定、最適なコンバージョンカテゴリの選択について

【Google広告】コンバージョンアクションの再設定、最適なコンバージョンカテゴリの選択について

Google広告では、アカウント別、キャンペーン別にコンバージョンアクションを設定できます。

今回はその設定時にちょっとつまづいてしまった2点について、Googleのヘルプに確認して対処したのでその内容を共有します。

  • 意図しているGoogle Analyticsのコンバージョンアクションが概要ページに表示されない
  • コンバージョンアクションがメールアドレス登録の場合の適切な「コンバージョンカテゴリ」の判別が難しい

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

①意図しているコンバージョンアクションが概要欄に表示されない

概要

担当クライアントのアカウントでは、コンバージョンをGoogle Analytics(以下、GA)で計測していたため、Google広告では媒体タグによる計測ではなく、GAよりインポートすることで計測していました。

先日、GAのアカウントが変更されたため、Google広告でも新しいGAをインポートし、コンバージョンアクションを再設定する必要がありました。

なぜか見つからないコンバージョンアクション

Google広告アカウントと新GAのインポートが完了し、いざコンバージョンアクションを再設定しようと概要ページで探したものの、該当するコンバージョンアクションが見つからない事象がおきました。

Googleヘルプに問い合わせた結果

結論、GAよりインポートしたコンバージョンアクションは、管理画面上で「削除済み」のステータスになっていたことが要因でした。

Googleの挙動としてデフォルトで削除されるような仕様ではないということ、また我々の方では削除をしていなかったことから、削除済みとなっていたのは、クライアント側で新GAをインポートした際に削除してしまっていたことが原因と思われます。

コンバージョンアクションの有効化

そこで、以下のヘルプより案内いただいた手順で再度有効にすることで、無事コンバージョンアクションの再設定を完了させることができました。

  1. [ ツールと設定 ] > [ コンバージョン ] に移動
  2. 画面右上 [ すべてのコンバージョン アクションを表示 ] をクリック
  3. フィルタが [ 有効のみ ] や [ 削除済みを除くすべて ] となっている場合は、 [ ステータス : すべて ] に変更
  4. 使用したいコンバージョンアクションのステータスを [ 有効 ] に変更

参考ヘルプページ「Google アナリティクスのコンバージョンを Google 広告にインポートする

②コンバージョンアクションがメールアドレス登録の場合の「コンバージョンカテゴリ」

概要

Google広告で設定できるコンバージョンアクションでは、各ビジネス目標に基づいた「コンバージョンカテゴリ」を設定することができます。(①のキャプチャでいう「購入」や「カートに追加」など)

今回、コンバージョンアクションを再設定するにあたり、コンバージョンカテゴリの区分を改めて確認しました。

「メールアドレス登録」の場合の適切なコンバージョンカテゴリ

コンバージョンアクションを再設定するにあたり、コンバージョンカテゴリの区分を改めて確認したところ、設定しようとしている「メールアドレスの登録」に該当しうるコンバージョンカテゴリが3つあり、それぞれ下記の説明が表示されました。

  • リードフォームの送信:提供しているフォームに記入することで、ユーザーがお客様のビジネスに関心を示したとき
  • 連絡先:顧客が電話、SMS、メール、またはチャットを使ってお客様のビジネスに問い合わせしたとき
  • 申し込み:ユーザーが無料のニュースレターまたはトライアルに登録するか、アカウントを開設や事前登録をしたとき

この3種類からコンバージョンカテゴリを選択し、設定する上で、

  • 『提供しているフォーム』はGoogle広告のオプションで設定できるフォームに限定されるの?
  • 『問い合わせをしたとき』や『登録したとき』はどのように分けて判断されるの?
  • 選んだコンバージョンカテゴリによってスマート自動入札や掲載結果に影響はある?

など、どれを選ぶべきか判断が難しかったため、Googleヘルプに問い合わせることにしました。

コンバージョンカテゴリは管理しやすいものを選ぶ

結論として、運用者が管理しやすいコンバージョンカテゴリを選択して問題ない、との回答を頂きました。

設定した複数のコンバージョンアクションを各カテゴリにまとめることで、レポートにてどのカテゴリの貢献度が高いのかを判別しやすくすることがコンバージョンカテゴリの機能とのことでした。

コンバージョンカテゴリの種類はスマート自動入札や掲載結果には影響しない

またコンバージョンカテゴリがスマート自動入札や掲載結果に影響するかについては、以下のGoogleのヘルプページの内容を参照したところ、コンバージョンカテゴリの設定や変更によって、スマート自動入札やキャンペーンの最適化には影響しないということが確認できました。

Google 広告では、以前のコンバージョン カテゴリに基づいた候補がデフォルトで提示されます。これらの候補をよく確認して、適切なコンバージョン カテゴリを選択してください。キャンペーンの掲載結果を正確にセグメント化するには、適切なコンバージョン カテゴリを選択することが重要です。コンバージョン カテゴリを更新しても、スマート自動入札やキャンペーンの掲載結果には影響しません。

参考ヘルプページ「更新されたコンバージョン カテゴリについて

オーリーズは、クライアントの「ビジネス目標達成」に伴走するマーケティングエージェンシーです。

「代理店の担当者が自社の業界・戦略に対する理解が不足しており、芯を食った提案が出てこない」
「新規の広告出稿に関する提案が中心で、最終的なビジネスゴールに紐づく本質的な提案がもらえない」
「広告アカウントが開示されないため、情報が不透明で自社にノウハウやナレッジが蓄積しない」

既存の広告代理店に対してこのようなお悩みをお持ちの場合は、一度オーリーズにお問い合わせください。

オーリーズの広告運用支援では、①運用者の担当社数の上限を4社までに制限②担当者のKPIは出稿金額ではなくNPS(顧客満足度)③アカウントは広告主が保有することを推奨 しており、目先のコンバージョン増加にとどまらず、深い事業理解を基にしたマーケティング戦略の立案や実行支援が可能です。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

アドオペレーションズ・ストラテジスト

吉田 奈津希

大学卒業後、PR会社に入社。IT業界、観光業界を中心とした外資系企業を担当。メディアプロモート、SNS Live配信、SNSアカウント運用などでクライアントをサポート。 デジタル化が加速する世界で、より高度なマーケティング支援をするためには、データを分析・活用したデジタルマーケティングの知見が必須になると考え、オーリーズへの入社を決意。 1社1社と向き合い、クライアントのビジネス成長に貢献すべく日々邁進中。

最近書いた記事