【Pinterest広告】バルク入稿(一括エディター)の利用方法と注意点

【Pinterest広告】バルク入稿(一括エディター)の利用方法と注意点

Pinterest広告における「ピン(広告)」のバルク入稿(エディターを使ったCSVファイルによる一括アップロード作業)について、注意点をまとめました。(22年7月時点の情報です)

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

作業ファイル

バルク入稿用CSVファイルは、こちらから取得できます。

  • 一括エディタのシートのフォーマット

👉 一括エディタ > テンプレートをダウンロードする > サンプルシートをダウンロードする

作業上の注意点

CSVファイルの文字コードは「UTF-8」で入稿する

EXCELで作業をするときは、こちらの方法を参考にすることで文字コード変換できます。

Googleスプレッドシートで作業をする場合、は「カンマ区切り形式(.csv)」で出力すると自動でUTF-8になりますので、おすすめです。

  • ファイル > ダウンロード > カンマ区切り形式(.csv)

CSVファイルはネスト構造で作成する

1件のピン(広告)を作成したい場合、下記の構造でCSVを作成します。キャンペーン、広告グループ、ピン の親子関係を階層構造で表すイメージです。

ポイント

  • ピン入稿の場合は、上記の構造がワンセット
  • ピンに対してキャンペーンと広告グループの行が必要
  • キャンペーンの行にはキャンペーンだけ、広告グループの行は広告グループだけ、ピンの行はピンだけ、それぞれのデータ内容を記載する
  • 既存キャンペーン・広告グループの「Action」は必ず「EDIT」にする

複数のキャンペーン・広告グループへ入稿する場合は、下記のような構造になります。

同一のキャンペーン・広告グループへ複数のピンを入稿する場合は、ピンのみ複数行で記載します。

その他の留意点

  • 一括入稿時に一部エラーになった場合
    • エラーになったピン以外はそのまま入稿されます。
    • 同じCSVを再入稿すると、ピンが二重に入稿される恐れがありますので、ご注意ください。
  • キャンペーン・広告グループのステータスはその時の状態と同じに設定する
    • その時に配信中のキャンペーン・広告グループがある場合、CSVの「Campaign Status」「Ad Group Status」は「ACTIVE」にした方が良さそうです。
  • 動画のピン入稿時にエラーになった場合
    • 画像と動画のピンを同じCSVで入稿をしたとき、「動画のみエラーになる」といったケースに遭遇した場合、動画のピンだけCSVを分けて再入稿をすることで対応できる可能性があります。

以上です。エディターによる一括入稿作業の助けになれば幸いです!

オーリーズは、クライアントの「ビジネス目標達成」に伴走するマーケティングエージェンシーです。

「代理店の担当者が自社の業界・戦略に対する理解が不足しており、芯を食った提案が出てこない」
「新規の広告出稿に関する提案が中心で、最終的なビジネスゴールに紐づく本質的な提案がもらえない」
「広告アカウントが開示されないため、情報が不透明で自社にノウハウやナレッジが蓄積しない」

既存の広告代理店に対してこのようなお悩みをお持ちの場合は、一度オーリーズにお問い合わせください。

オーリーズの広告運用支援では、①運用者の担当社数の上限を4社までに制限②担当者のKPIは出稿金額ではなくNPS(顧客満足度)③アカウントは広告主が保有することを推奨 しており、目先のコンバージョン増加にとどまらず、深い事業理解を基にしたマーケティング戦略の立案や実行支援が可能です。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

オーリーズ編集部

オーリーズ編集部です。主に国内外のニュースを担当しています。最近では、特に動画市場の最新情報を記事にしています。TwitterやFacebookにも投稿していますので、ご興味ある方はぜひフォローください^^ (本サイトのフッターにソーシャルアカウントのリンクがあります)

最近書いた記事