【Microsoft広告】プレースメント除外の注意点

【Microsoft広告】プレースメント除外の注意点

今回は、Microsoft広告においてプレースメント除外を行う際の注意点について解説しています。

(本記事の内容は2022年12月時点での内容になりますのでご認識ください)

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

結論

Microsoft広告では、広告グループでプレースメント除外の設定をしていると、キャンペーンに設定しているプレースメント除外が反映されなくなります。Google広告やYahoo!広告とは仕様が異なるのでご注意ください。

⚠️ この記事の内容は2022年12月時点の内容です。
機能のアップデートなどにより、閲覧した時期によっては記載している内容と異なる可能性がございますのでご注意ください。

説明

  • 広告グループ>設定>詳細な広告グループ設定>除外設定

以下のようにプレースメント除外設定をしたとします。

キャンペーンレベルで設定している除外するWebサイトが下部に表示されていて、上部に広告グループレベルで除外するWebサイトを入力するようになっています。

これを見ると「広告グループレベルでtenki.jpを除外していて、キャンペーンレベルでniffty.com,tenki.jp,livedoor.jp,etc…を除外しているんだな」「だからniffty.jp,livedoor.jpも除外設定できているな」と理解するのではないでしょうか?

ですが、Microsoft広告では違います。

Microsoft広告では、広告グループレベルの除外設定とキャンペーンレベルの除外設定が同時に効力を発することはなく、広告グループレベルでの設定がされている場合はキャンペーンレベルの設定は反映されません。

つまり、上記の設定の場合に除外されるのはtenki.jpのみで、広告グループレベルの設定内容によってキャンペーンレベルの設定内容がオーバーライドされます。

情報ソース

私が確認した際はヘルプページに記載が無かったため、電話で問い合わせて確認をしましたが、現在はヘルプページに下記の通り記載されていました。

• 広告グループ レベルの Web サイトの除外により、キャンペーン レベルの Web サイトの除外がオーバーライドされます。(以下リンクより引用)

オーリーズは、クライアントの「ビジネス目標達成」に伴走するマーケティングエージェンシーです。

「代理店の担当者が自社の業界・戦略に対する理解が不足しており、芯を食った提案が出てこない」
「新規の広告出稿に関する提案が中心で、最終的なビジネスゴールに紐づく本質的な提案がもらえない」
「広告アカウントが開示されないため、情報が不透明で自社にノウハウやナレッジが蓄積しない」

既存の広告代理店に対してこのようなお悩みをお持ちの場合は、一度オーリーズにお問い合わせください。

オーリーズの広告運用支援では、①運用者の担当社数の上限を4社までに制限②担当者のKPIは出稿金額ではなくNPS(顧客満足度)③アカウントは広告主が保有することを推奨 しており、目先のコンバージョン増加にとどまらず、深い事業理解を基にしたマーケティング戦略の立案や実行支援が可能です。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

アドオペレーションズ・ストラテジスト

田中 智

政策シンクタンクに研究員として入社。地方公共団体をクライアントとし、人口減少・超高齢社会といった社会的課題を抱えた都市政策・都市計画における計画策定、制度構築、各種調査業務に取り組む。その後、今後10年で社会を変えうる分野において活躍したいという志を持ち転職を決意。検証と学びによって最適解へと近づくアジャイルマーケティングの考えに共感し、オーリーズへと入社。

最近書いた記事