【GA】ECサイトで外部決済サービスを導入している際にすべき参照除外設定

【GA】ECサイトで外部決済サービスを導入している際にすべき参照除外設定

外部決済サービス(amazon payなど)を導入しているECサイトの分析をGoogle Analyticsで行う上で、外部決済サービスのドメインの参照除外設定はされていますでしょうか?

参照除外設定がされていない場合、GAで正しく広告の成果を評価できていない可能性があります。

GAで決済サービスのドメインの参照を除外設定できているか確認しましょう!

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)

参照の除外について

参照の除外をしていないとどうなるのか

デフォルトでは、参照が発生すると自動的に新しいセッションが開始されます。ECサイトで外部ドメインの決済ツールを導入している場合、下記のようなアクセス順となります。

ここで、「payments.co.jp」の除外をしていないと、下記のような影響が生じることになります。

  1. 「ec.co.jp」のセッションが計2回記録されることになる。
  2. 広告経由の流入だったとしても、トランザクションが紐づく参照元/メディアが、「payments.co.jp」になってしまう可能性がある。(アトリビューションモデルにもよりますが、「終点」「最後の間接クリック」のモデルの場合は特に除外対応が必要となります。)

Googleのヘルプページにも第三者の決済代行サービスを利用している場合は、参照の除外を設定する必要があると記載されています。

(参照:https://support.google.com/analytics/answer/10327750)

除外方法

除外方法はUAとGA4によって異なりますが、仕組みは同じです。
除外ドメインのリストに登録するだけなので簡単に設定できます。
設定の方法が記載された公式ページは以下です。以下ページを参照して設定を行いましょう。

  • UA
  • GA4

当サイトでは他にも広告運用に関する情報を掲載しておりますので、より良い広告運用のためにぜひご参考いただければと思います!

ECサイトのマーケティング課題、一度オーリーズに相談してみませんか?

オーリーズは、ECサイトの広告運用を得意とする広告代理店です。

アパレル、化粧品、インテリアなど豊富なEC支援の実績・ノウハウを基に、ECサイトの集客最大化やリピーター増加、顧客単価の向上を実現します。

また、「顧客分析のためにCRMツールを導入したけれど使いこなせていない」という場合には、CRMツールの活用方法に関するアドバイスや、 見たい指標をカスタマイズしてレポーティングする体制整備のご支援など、分析のための基盤づくりもお手伝いできます。

ECサイトの売上を最大化する上で、自社だけでは限界を感じている場合はお気軽にご相談ください。

オーリーズのサービス資料をダウンロードする(無料)
オーリーズのコーポレートサイト
支援事例(クライアントの声)
オーリーズブログ

オーリーズへ問い合わせる

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

アドオペレーションズ・ストラテジスト

池本 湧太

新卒で株式会社アイモバイルに入社し、自社アドネットワークを中心としたインターネット広告の営業及び運用業務に従事。 マーケティングのより幅広い領域のスキルを身に着け、顧客の根幹にある課題解決に携わっていきたいという思いから、 顧客の事業にまで踏み込み、成功に向けた支援を徹底して行うオーリーズに入社を決意。

最近書いた記事