GA4のローデータをBigQueryに連携する方法

GA4のローデータをBigQueryに連携する方法

2020年10月、「Google Analytics4プロパティ(以下 GA4)」が本リリースされました。

GA4では、従来のGAと比較していくつか大きなアップデートがありますが、そのひとつにBigQueryとの連携が可能になったことが挙げられます。

これまで、GAのローデータをBigQueryにインポートするためには、有償版のGA360にアップグレードする必要がありましたが、GA4ではその機能を無料で利用できます。

本記事では、その具体的な手順をご説明します。

GA4からBigQueryへのデータ連携にかかる費用

データの管理・分析において幅広く活用されているBigQueryですが、弊社では、主に運用型広告の支援でダッシュボードを構築する際に利用しています。

本記事でご説明するGA4からBigQueryへの「データ連携」機能は無料です。ただし、BigQuery自体の利用には費用がかかりますのでご注意ください。

データを保存するための「ストレージ料金」と、SQLで結果を表示させるための「クエリ料金」の合算となります。無料枠として、ストレージ料金は毎月10GBまで、クエリ料金は毎月1TBまでが用意されています。(2021年1月時点)

参考:BigQueryの正式な料金情報はこちら

連携の手順

事前準備として、「GA4プロパティの編集権限」が必要です。

権限付与後に、最初にGoogle Cloud Platform(以下GCP)のBigQuery画面から新しいプロジェクトを作成します。

このとき、作成したBigQueryプロジェクトのオーナー権限が付与されていることを確認します。加えて、BigQueryプロジェクトでBigQuery_APIを有効化しておきます。

※豆知識として、プロジェクト名を記載する際、文字数が少ないとプロジェクトIDが一意の文字列で自動的に生成されますが、一定の文字数を超えるとプロジェクト名がそのままプロジェクトIDとなります。

次にGA4のプロパティ設定画面に移り、「BigQueryのリンク設定」をクリックします。

すると、「BigQueryとのリンク」一覧画面が表示されますが、最初は空の状態になっているため「リンク」ボタンから新たにリンクを作成します 。

「BigQueryプロジェクトを選択」から先ほどBigQuery画面で作成したプロジェクトを選択します。

続いてデータロケーションやデータストリーム、頻度を選択していきます。データロケーションはデフォルト設定が「米国」になっていますが、「東京」を選択可能です。

データ出力の頻度で「ストリーミング」にチェックを入れていると、BigQueryのストリーミングインサートの料金が適用され割高になるため注意が必要です。リアルタイムでデータ出力する必要がある場合を除き、「ストリーミング」のチェックは外しておきましょう。

最後に入力内容を送信し、一覧にGCPプロジェクトが表示されていることを確認できれば連携完了です。

BigQueryでみるGAデータ

GA4とBigQueryの連携が完了すると、翌日からインポートデータが反映されます。

構造の形式は、1プロジェクトに1データセット、日次でテーブルが生成され、イベントパラメータ名がイベント名の入れ子の状態でデータが格納されます。

また、GA4のデータはイベント単位のレコードで構成されるため、「ページビュー」や「コンバージョン」など、必要なイベント情報を指定してデータを抽出する必要があります。

参考:BigQueryで取得できるデータのリストはこちら

例として、弊社WEBサイトで「ページビュー」のローデータを抽出するクエリを実行してみます。

<SQL>
SELECT
event_date,
event_timestamp,
(SELECT ep.value.string_value FROM UNNEST(event_params) ep WHERE ep.key = ‘page_location’) as page_location
FROM
`{プロジェクト名}.{データセットID}.events_{指定する日付}`
where event_name = “page_view”

このようにクエリ結果が反映されます。また、一度実行したクエリを保存や、スケジュール設定をすることも可能です。


以上、GA4のローデータをBigQueryに連携する方法をご紹介しました。ローデータ活用のハードルが下がったことは、実務担当者にとっては心強いです。本記事がみなさんのウェブ解析、マーケティングの前進の一助になれば幸いです。

この記事を書いた人

株式会社オーリーズ

執行役員

藤井 貴志

株式会社リクルートキャリアに入社。プロジェクトリーダーとして、WEBサービス開発のディレクション業務と組織開発に従事。 基幹システム開発を行うと同時に、広告設計、WEB接客ツールやMAツールの導入設計・施策実施・効果測定まで経験し、デジタルマーケティングの楽しさに没頭していくなか、オーリーズに入社。マネージャーに就任し、オーリーズのミッション「あなたを、叶える。」を体現すべく組織設計を担う。

最近書いた記事

  • follow us in feedly
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    このエントリーをはてなブックマークに追加