オーリーズの日常・学び編

オーリーズの日常・学び編

オーリーズの特徴の一つに、学習意欲の高い風土や、学びをサポートする制度が充実していることが挙げられます。 今回は、メンバーが自ら学び、挑戦しやすい環境を作るために実施している内容をご紹介します。

学習補助制度とアウトプット環境

学習面のサポートで人気なのが、自己啓発に関わる書籍購入・外部研修費用を補助してもらえる制度。 一人当たり月額1万円(=年間12万円)が上限となっていますが、前倒しでの使用も可能です。おかげで、まとまった金額が必要な研修や講座の受講もハードルが低くなります。(英会話などにも利用できます。)

さらに、得た学びを自由にアウトプットできる環境があることもポイント。 社内の情報共有ツール(Kibela)では自分がためになったと感じる内容なら何でも投稿OKというルールで運用しています。

学習補助制度を使って得た学びも、すぐにアウトプットすることでより理解を深められますし、それを読んだメンバーから違う観点でコメントをもらえると学びが深まります。まさに一石二鳥の環境です。 以下は 情報共有ツール(Kibela) のフォルダと投稿。読んだ本を読書録として記事にする人が多いです。

kibelaのフォルダリスト。業務に関わるナレッジ共有以外は、読書録の比率が高めです。

毎週開催する社内勉強会

毎週水曜日に、「ラボ会」という社内勉強会を行っています。 毎回異なるメンバーがスピーカーとなり、発表されるテーマを学びたいメンバーが任意で集まる形で開催しています。 ラボ会で発表されるテーマは全員の投票により決定。以下のルールに則ってテーマを選定しています。

  • 自身の知りたいテーマ or 自身の話せるテーマ(粒度、レベルは問わない)をテーマ管理表に随時記載
  • 知りたい/聞きたいテーマに投票
  • 3票以上獲得できたテーマはラボ会開催

メンバーが増えたことにより、全員が新しい学びを得られるテーマ選定が難しいという課題がありましたが、①任意参加で実施すること・②現場から学びたい/ためになるテーマを集めることで、ストレスの少ないインプット機会を継続できています。

ラボ会の様子。共有スペースに集まって開催しています。

「学習欲」の高いメンバー

オーリーズには「学習欲」が高いメンバーが集まっているのも特徴です。 入社する際に「ストレングスファインダー」という自身の強みや考え方・行動パターンを診断するテストを全員に実施しており、一人一人の強み項目をリストアップしています。

診断を完了すると、上記のように上位の強み項目が表示されます。

メンバーの診断結果を集計すると、ストラテジスト*の72%が「学習欲」が上位項目である共通点がありました。 自然と学びを重視するメンバーが集まっているため、日常的に良い刺激を得られる瞬間が多くあります。 *弊社では、広告運用のコンサルタントをストラテジストと呼んでいます

さいごに

インターネット広告業界が急激な成長をしている中、私たちも常に最新情報・知識のインプットに努めています。 メンバーが自ら学び、業界の変化を楽しみながら業務に向き合っていけるよう、今後も学習環境をアップデートしていきます。

  • follow us in feedly
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    このエントリーをはてなブックマークに追加