「オープンさ」「徹底的な働きやすさ」を追求した新オフィスのご紹介

「オープンさ」「徹底的な働きやすさ」を追求した新オフィスのご紹介

2019年9月に茅場町にオフィス移転し、以前のオフィスの2倍ほどの広さになりました。

ビジョンと照らし合わせながら丁寧にコンセプト設計し、こだわりを詰め込んだ自慢のオフィス。 種類に富んだスペースがあり、且つオフィス内の好きな場所で働けるので、働く上でのストレスをできる限り取り除いたオフィスとなりました。

今回はオーリーズの新しいオフィス環境を、写真とともにご紹介させていただきます!

大事にしたコンセプト

まずコンセプトストーリーとして、3つのポイントをもとにパートナーさんと設計をすすめました。

01 Open Communication 社員がはたらきやすく、コミュニケーションがとりやすい空間であること
02 Open Innovation 社外にむけてもオープンで、知性を感じる場であること
03 Open View 海や空、オープンな雰囲気を感じること

最終的にオフィスのテーマとなったのはこちら。

「Social Terrace」
“だれもがここちよく集い、あらたなカチを生み出すところ ココロのひろがりをかんじるテラス”

実際にテーマ通り、共有スペース・執務スペースともに明るく開放感があり、居心地のよいオフィスが出来上がりました。

オフィスの様子

それでは、オフィスの写真を掲載しながら、こだわりポイントをご紹介させていただきます!

エントランス・会議室

入り口を抜けると、ガラス張りの会議室とテラスをイメージした共有スペースに繋がっています。

このエリアのこだわりは、なんといっても明るく奥まで吹き抜ける設計と、思いを込めて名付けた会議室。

会議室の名前は、お花の名前をつけており、それぞれViola・Salvia・Gerbera・Tubakiと名付けました。この由来はサービスポリシーである「信頼、尊敬、成長」の意味が込められた花言葉をモチーフにしています。

お客様が来られた際に使うことが多い会議室の入り口には「Tubaki my destiny is in your hands」の文字。 オーリーズ訳は

「ツバキ。わが運命は君の手にあり。私達にとってもお客様にとっても成就の部屋。」

という素敵なコンセプトになっています。

机が設置されている共有スペースにはスクリーンがあり、全社会議や勉強会などで使用しています。階段状に高くなっている部分に腰掛けることもできるため、大人数でのイベントに最適。まだまだ社員数が増えても問題なしです!

オフィスは11階にあるため眺望が良く、スカイツリーもしっかりと臨めます。夏には隅田川の花火が見れるかも・・・?とても楽しみです。

執務スペース

こちらは社員用の執務スペースの一角。 実は前述したコンセプトに加えて、社員に欲しい設備などをアンケートした結果をできる限り執務スペースに反映させています。

例えば、写真中央の窓際に並ぶモニターがある箇所、「集中スペース」。

弊社は広告運用を行っているため、業務上各々がパソコンと向き合う時間が長い特徴があり、またExcelで大量のデータを扱うなど、一人で集中したい業務も発生します。そのため、

「気分転換に窓のそばで業務するスペースがほしい」 「他の人が視界に入らないような集中しやすいスペースがほしい」

といった声があがり、レイアウトに組み込まれました。

そして、写真手前の「カフェテリアスペース」も社員の声から設置。

カウンター裏にはオーブンレンジやコーヒーメーカー、冷蔵庫などを設置しているので皆が毎日使うハブとなるスペースになっており、社員が旅行した際のお土産など”ご自由にお取りください”コーナーにもなっています。

白いカウンターでは、仕事するのもご飯を食べるのもOK。このエリアは大事なコミュニケーションスペースとして定着してきました。

「ほっと一息カフェスペースが欲しい」 美味しいコーヒーを淹れられるスペースがほしい

という要望も見事に反映されています!

用途別に選べる、プラスアルファのこだわりエリア

あと2つ、執務スペースに作ったこだわりスペースが「仮眠スペース」とオンラインミーティングに集中しやすい「ミーティングスペース」

「仮眠スペース」には左右が覆われて周囲が気にならないおしゃれなイスを設置しており、仮眠したり本を読んだり、一人でまったりしたいときに使えるスペースになっています。

下の写真奥にあるのが、「ミーティングスペース」

ソファを囲う形にパーテーションが設置してあるので、オンラインでミーティングする際も声が気になりにくくなっています。写真には写っていないのですが、同じパーテーションを使った個室も用意してあり、一人で完全に集中したいときに使っています。

手前のスペースには高さの異なる机を設置。座り続けて疲れたときには立って作業したり、皆でご飯を囲んだり、業務の後にボードゲームをしたり。常に自由に使えるスペースとして重宝しています。

オフィス猫・まる美が暮らしやすい設計

最後に、オフィス設計の大前提になっているのが、弊社の大事なメンバーである猫・まる美が過ごしやすい環境にすること。

床はカーペットで、一緒に生活するまる美が歩き回っても汚れにくい仕様になっています。

一番豪華なのでは?と思うほど広いまる美専用部屋(写真奥)もご用意。

さらに体にフィットする小さめのお部屋も複数あるという甘やかしっぷり。

お部屋は来客スペースからも見えるようになっていて、まる美さんはお客様にも癒しを与える重要な役割を担っています。

まる美部屋については、こちらで詳しくご紹介しています。

さいごに

最後になりますが、オーリーズは「あなたを、叶える。」をビジョンとしています。

ご支援するクライアントの想いと向き合い、ともに歩むため。そしてともに働くメンバーがそれぞれの想いを叶えるため、会社の成長とともに、最善の環境にすべく試行錯誤している真っ最中です。

今回の移転でも、そんなオーリーズらしい努力がにじみ出ていて

・小規模の会社らしく、社員皆の声をできる限り反映
・それぞれが心地の良い場所で働ける、主体性と柔軟性を確保

できた点で、大成功の移転になったのではないかと思います。(移転プロジェクトを推進したメンバーには、頭があがりません。)

今後もよりよい組織環境を追求し、アップデートを重ねていきます。

  • follow us in feedly
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    このエントリーをはてなブックマークに追加