REFERENCE

運用型広告Q&A

運用型広告に関する質問にお答えします。

デジタルマーケティングの領域において、マーケッターは躍進的に進化を続けるテクノロジーと、増え続けるチャネルや機能、そしてツールに迅速に適応していくことが求められます。オーリーズは、この時代を乗り切る運用型広告のノウハウを提供します。

Q1 運用型広告について教えてください。

運用型広告は2012年に「日本の広告費」(電通発表)により定義づけられました。その定義によると、

「運用型広告」とは、膨大なデータを処理するプラットフォームにより、広告の最適化を自動的もしくは即時的に支援する広告手法のこと。

検索連動広告や一部のアドネットワークが含まれるほか、DSP/アドエクスチェンジ/SSPなどがその典型例として挙げられる。

なお、枠売り広告、タイアップ広告、アフィリエイト広告などは、運用型広告には含まれない。

となり、2015年においてインターネット広告媒体費1兆1,594億円のうち、運用型広告費は6,226億を占めています。